Web開発は、「COPAS」で決まる 「器」で進化する

COPAS

コモンパラダイムシステム

Webシステムの自動生成(ノン・プログラミング)システム
公共利用を考慮したユニバーサルデザイン準拠のオープンソース


フレームワーク

springMVCをベースとして、権限管理、入力チェック、桁数、項目タイプ別詳細(例えば日付の編集、小数点)の機能を標準で用意しています。

テーブルおよびSQL

業務別固定テーブルに必要な項目追加が自由に行え、SQLを自動的修正します。また、業務にあわせたユーザ独自の新たなテーブル作成(ユーザーフリーTBL)が可能です。

画面の生成とプログラム

テーブル項目辞書と画面項目辞書が用意されているとともに関連を指定することにより、画面および画面プログラムが自動生成します。また、ユーザーの特殊処理の追加機能が出来ます。

スナップショット

COPASを導入して作成されたシステムのご紹介です。
市民サービスシステムを含めた様々な開発事例を公開いたします


img27

メンテナンス画面

img30
  

講習計画月間検索

      
   
  
 
  
    
      
        

ダウンロード

Licensed under AGPL3.0